那須土木(株)のトップへ


SCSC式 土壌・地下水の汚染調査





SCSC調査法は、機械簡易ボーリングを用いた地質サンプリング技術を中核とする地質汚染調査法です。
地下空気や地下水の汚染も調査することが可能で、迅速かつ簡易で、場所を選ばないという利点を持っています。



これらの技術はドイツやアメリカにおいて実用化されている機器を組み合わせ、日本の地質環境に合わせて汚染調査が効率よくできるようSCSC研究会で実証試験や改良を行い、実用化したものです。この開発には環境庁、自治体、大学からも支援、協力を得ています。


SCSC


SCSC式調査法の特徴
  • 従来法より迅速に、汚染機構の解析に必要な信頼度の高いデータを収集できる。
  • 従来法では対応が困難であった、屋内、壁際、山中、車の出入りがある場所などでも調査を実施できる。
  • 従来法では土壌サンプル時に水やベントナイトを使うのが一般的で、そのため正確な試料が得られないという問題があるが、SCSC調査法では不撹乱土壌を無水で採取する。
  • 地下水を多く含む地質においても効率よくサンプリングできる。
  • 土壌サンプリングのために掘削した孔をモニタリング井戸として活用できる。
  • 開発当初は周辺への騒音が問題となったが解決された。
    次の場合には適用できない。
      ※深度15mを超える場合。
      ※直径60mm以上のレキが多く混じっている地質の場合。
      ※N値(地質の硬さの単位)が15を超える場合。
前述のサンプリング技術による利点に加え、全体として、時間・労力・費用をかなり削減できます。
  • 調査費用を大幅に増やすことなく必要なボーリング場所・数を増やすことができる。
  • 地質サンプリング深度が10m程度なら機械ボーリングは不要となる。

自走式機械ボーリング
ボーリング機械によるサンプリングも対応いたします。

ECO-3V




『守秘義務は厳守いたします』



那須土木株式会社
〒324-0056 栃木県大田原市中央1丁目13番10号
TEL 0287-23-5678 FAX 0287-23-0355